【韓国語学習】名詞の連体形(現在、過去、未来)

韓国語学習

連体形ってなんだろう?

今回は、名詞の連体形を勉強していきましょう。
連体形とは、名詞、形容詞、動詞を「名詞を詳しく説明するための形」にしたものです。

例)ビルボードアーティストのBTS
  パッチムの
  高速船のビートル

   の部分が連体形です。


では、いよいよ連体形の最後です。頑張りっていきましょう。


名詞の連体形として紹介されているサイトや本なども多いので、このサイトでも解りやすいようにそう呼ぶことにしますが、実際は、日本語の「である」に当たる指定詞이다」の連体形です。
指定詞は形容詞と同じ活用になります。

名詞の現在連体形 ~인 意味:~の、~である


名詞+


例)誇り/자랑 → 대구의 자랑인 윤기/デグエ ヂャラŋイ ユnギ/大邱の誇りであるユンギ
  会社員/회사원 → 회사원인 아버지/ファサウォニn アボヂ/会社員の父


名詞の過去連体形 ~이던/~이었던 訳:~だった、~であった


  

名詞+~이던/~이었던

   「~이던」も「~이었던」も意味、使い方に違いはなさそうです。


例)公園/공원 → 공원이던 장소/コŋウヮニドn ヂャŋソ公園だった場所
  夢/꿈 → 꿈이었던 웬블리/ックミオtットn ウェnブLリ/夢だったウェンブリー


名詞の未来連体形 ~일 意味:~であろう、~らしい


名詞+일


例)成功/성공 → 성공일 콘서트/ソŋゴŋイL ゴnソトゥ/成功であろうコンサート



名詞の連体形「~인」 と助詞の「~의」の使い分け

名詞の連体形「 と助詞の「はどちらも「~の」と訳されます。
では、下の文章の場合、どちらを使えばよいのでしょうか。

 A. 息子テヒョン
 B. 彼女息子

どちらを使うかの見分け方は2パターンあります。

  1. 前の名詞と後ろの名詞がイコールかどうか。

    イコールであれば「」、イコールでなければ「」を使います。
    AとBだと、テヒョンは息子ですが、息子は彼女ではないですよね?


  2. 「 の」を「~である」に置き換えて意味が通じるかどうか。

    通じれば「」、通じなければ「」を使います。
    Aは「息子であるテヒョン」、Bは「彼女である息子」となります。
    Aは通じますが、Bは通じないですよね?

なので、

 A. 息子のテヒョン/아들 태형
 B. 彼女の息子/그녀 아들

となります。
 
これで、使い分けられる様になったかと思います。 


名詞の連体形 まとめ


今回は、名詞の現在、過去、未来の連体形について勉強してきました。
正直、過去まではどうにか調べることが出来たのですが、未来については記載されているサイトや資料などが少なく、私もまだあまりピンときていません。

もし、もっと情報や知識が増えれば、加筆修正したいと思います。

では、最後にまとめます。

基本の形
現在 名詞+
過去 名詞+이던/이었던
未来 名詞+


若干、スッキリしない気もしますが、調べるだけ調べても解らないことは、一旦置いとくことにします。
多分、この先の勉強を進めていく中で、答えが見つかることでしょう。

うわ、まるで人生みたいだ^^


スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国語学習
記事が役に立ちましたらシェアをお願いします
「たったひとつの星の上」をフォローする
スポンサーリンク
たったひとつの星の上

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました