【韓国語学習】韓国語の単語 副詞1(時間・頻度・強調)

韓国語学習

今回は、動詞や形容詞など名詞以外を修飾する「副詞」を勉強していきましょう。
ちなみに、名詞を修飾するのは「形容詞」です。

きれいな花きれいな:形容詞、花:名詞)
花が美しく咲く
(花:名詞、が:助詞、美しく:副詞、咲く:動詞)


時間を表す韓国語の副詞

過去 아까/アッカ/さっき

↓  방금/バŋグm/たった今

現在 지금/ヂグm/今

↓  /ゴn/すぐ

未来 이따가/イッタガ/後で

↓  나중에/ナヂョŋエ/後で 


「이따가」と「나중에」の違い

이따가」と「나중에」はどちらも「後で」と訳せますが、ニュアンスが少し異なります。

  • 이따가
    「今している事が終わったら」という感じで、数分後、数時間後、少なくとも「今日中」のニュアンスがあります。

  • 나중에
    実際には「また今度」に近い感じで、場合によっては、その日のうちはおろか、数日後、数週間後、数カ月後になる可能性も。当てになりません。

例えば、子供に「夏休みの宿題しなさいね」と言って「이따가」で答えが返ってきたら、「今見てるアニメが終わったらやるのかな?」って感じですが、「나중에で返ってきたら、「これは、始業式の前日までやらないのでは?」と心配したほうが良さそうな感じ。


頻度を表す韓国語の副詞

100% 항상/ハŋサŋ/いつも

80%  자주/ヂャヂュ/よく

50%  가끔/ガックm/時々

10%  거의/ゴイ/ほとんど(否定)

0%  전혀/ヂョニョ/まったく(否定)


%はあくまで目安として。


強調する為の韓国語の副詞

意味副詞
とても・非常に아주/アヂュ, 매우/メウ, 무척/ムチョk, 너무/ノム
とても・本当に정말/ヂョŋマL, 진짜/ヂnッチャ, /チャm
一番・最も가장/ガヂャŋ, 제일/ヂェイL

それぞれのニュアンス

  • 아주
    場面相手問わず使える「とても」。

  • 매우
    通常よりも「非常に」「かなり」〇〇な状態というような「とても」。

  • 무척
    会話ではあまり使われません。感情に対して使われることが多いです。

  • 너무
    元々は「限度を超えた」「あまりにも」という意味があるため、マイナスなニュアンスがありますが、今は肯定的な意味で使われることも多いです。

  • 정말진짜
    정말は「本当」、진짜は「本物」、 は真偽の「真」という意味。
    진짜はくだけた表現らしく、きちんとした場所や、書き言葉としては使いません。

  • 가장제일
    가장は固有語、제일は漢字語(第一)です。また、가장は副詞ですが、제일は「一番」という名詞が副詞的な使われ方をしたものです。
    なので、제일が副詞的用法をされた場合、가장と置き換えることが出来ますが、名詞として使われている場合は置き換えはできません。



韓国語の「時間」「頻度」「強調」の副詞 まとめ

韓国語初心者の私の場合、実際の会話でこの全てを使い回す事は難しいと思います。
なので、「とても・非常に」枠から「아주」と「너무」、「とても・本当に」枠から「정말」「진짜」、「一番・最も」枠から「가장」を使っていく事にしたいと思います。

ドラマやバラエティなどを見て、選ばなかった単語のほうが使われているようであれば、追記して乗り換えたいと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
韓国語学習
記事が役に立ちましたらシェアをお願いします
「たったひとつの星の上」をフォローする
スポンサーリンク
たったひとつの星の上

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました